コントラストがきれいな印鑑

  • RSS

みなさんは、「牙次印」なる印鑑をご存知でしょうか。
「牙次印(げつげいん)」とは、象"牙"を黒水牛に"次"いで作った印鑑のことです。
最近ではあまり見なくなりましたが、昔はそれなりに良く見かけた印鑑で、黒と白のコントラストがとってもきれいな印鑑です。
なぜそんな印鑑ができたのかといえば、人の知恵という表現につきるとおもいます。

象牙って、とっても高いでしょう?
今はもちろん、象牙の輸入自体に規制があって効果なわけですが、それ以前から象牙はとても高価で貴重なものだったのです。
そんな高いもの、印鑑1本に使えない。
けれど、象牙の印鑑はとてももちが良く、朱肉のつきも良い。

そこで、先端の印章を彫る部分だけに象牙を使い、手持ち部分にはもう少し安い黒水牛の角を使おうと考えたわけです。
近年、牙次印が減っているのには、他の単一素材を丸ごと加工する方が、ずっと安価で、ずっと楽に作ることができ、かつ、象牙に印材としてそこまでの価値を見出す人がいなくなったためです。
だって、「黒水牛の印鑑」って、真っ黒でかっこいいでしょう?
そんなに象牙にこだわらなければ、黒水牛の印鑑の方が良いと考えるのが正常なんです。
今ではチタンなども印材として人気で、象牙にこだわる人はそう多くないといえます。
加えて、「牙次印は不吉」なんて吹聴したハンコ屋さんも結構多かったんです。
もともとは、もっと加工しやすい商品を売りたかったための虚偽ではないかと言われていますが、私には印鑑の相を見る力がないので、本当なのか迷信なのか断言することはできません。

〔便利サイトのご紹介〕
象牙や黒水牛、チタンなどの印鑑を手頃な価格で作成したい!
そんな方に印鑑比較サイトの決定版《印鑑ネット》がおすすめ。
商品の売れ筋やお客様の声をもとに、
厳選したお値打ち価格の印鑑を、ランキング形式でご紹介しております!

このページの先頭へ