署名と同等の印鑑

  • RSS

今も残る昔のハンコに、「花押印」というものがあります。
「花押(かおう)印」とは、自分の作品の最後に捺印していた、署名と同等の印鑑です。
ちょうど、今のような「署名の代わり」の役割と、書道などで名前の下に押されている「落款印」の役割とを果たしていました。
日本で花押印が使われ始めたのは、平安時代。

最初は、本当に自署の代わりだったので、自分の字と同じように楷書で書かれましたが、やはりかっこいいデザイン性の高いものが求められたのか、すぐに草書体の崩した字へと変わり、さらにはそれをアレンジして、今の芸能人のサインのようなものへと変わりました。
いつの時代でも、考えることは同じですよね。
かっこいいデザインが出来上がると、今度はちょっとやそっとでは読めなくなってしまったので、自分の名前も書いて、その下に花押印を押す、という形になっていったといいますから、今の日本の「名前を自署して印鑑を押す」というならわしは、この辺りからずっと受け継がれているものなのかもしれませんね。

さて、花押印は、現代でも販売され、用いられています。
サインをスタンプにした感じなので、おしゃれでもあり、名前でもあるので、ビジネスで使用する人もいるようです。
使い道もアイデア次第で多そうですよね。
持ち物に名前を書く代わりに押すもよし、自分の作ったものや描いたものに押すもよし、社内文書に押すもよし。
そもそも日本の印鑑には厳密な規則はありませんから、材質と大きささえ選べば、公的な印鑑としてきちんと用いることもできるんですよ。

〔お気に入りWEBショップのご紹介〕
早い・安い・高品質の三拍子が揃った印鑑通販専門店【ハンコヤドットコム】
個人印鑑はもちろん、会社設立印や事務処理で使うゴム印・スタンパーまで、 お客様の目的にあわせた商品を、豊富にお取り扱いしております!
商品のお届けまで心を込めて対応させていただきます。

このページの先頭へ