文字だけを彫らない印鑑

  • RSS

近年、文字だけを彫らない印鑑が増えてきているのをご存知ですか?
呼び方はさまざまで、「花はんこ」「お花印」「和ざいく」「フラワー印」「天使の羽はんこ」などなど、実にたくさんの種類が販売されています。
その名前の通り、印鑑に名前と植物やうさぎ、それから天使の羽などの様々なイラストが彫られているものです。

「えー、そんなハンコ使えるの?」
と思うかもしれませんが、これらは認め印だけでなく、銀行印として使用することも可能な、れっきとした印鑑。
もちろん、銀行によっていろいろ規定はあるけれど、全国銀行協会なんかでもOKなことになっていますから、よほど名前が見えないとか、不鮮明にしかうつらないなんてことがなければ問題なく受理されます。
実印の場合には、「資格や職業など氏名以外のものを表しているもの」はダメなので、棄却されてしまう可能性はあるけれど、それ以外なら問題ないということです。

実は、印鑑に「名前を書こう!」と決めたのは、江戸時代のこと。
初代将軍家康が言い出したのかどうかまでは知らないけれど、江戸時代に入ってから、印鑑には名前を入れるものだという流れが出来上がりました。
その直前、戦国時代は真逆で、どうやっても読めない豊臣秀吉のハンコとか、文字なんて一切入っていない龍のみの武田信玄のハンコとか、そこまで顕著でなくても、虎や龍などのイラストを添えた印鑑がとても多かったのです。
平成の今、自筆サインへの切り替えの流れもある中で、印章にも新しい流れが生まれているのかもしれませんね。

〔印鑑のHOT☆TOPIC〕
いま流行の【デコネイル印鑑】をご存知ですか?
スワロフスキーやアクリルペイントなどのネイルアートを 印鑑に施した、おしゃれはんこです。
細部までこだわった、3Dならではの繊細さが魅力的!
⇒デコネイル印鑑のご購入はこちらから

このページの先頭へ